ITS 11 ブログ

原油価格

長沼要

ガソリン価格がまたもどりました。なぜかこの機に原油価格上昇分もあわせた値上がりが多く、以前より高くなっています。

ふと、この原油価格について思う事を書いてみます。

原油価格高騰を私は「良し」としています。

なぜなら、市場原理が働いて、消費が減少する。さらに、価格高騰によって潤うお金が、代替エネルギー開発に廻る、から…。

とかいてみて、本当か?と不安になる。というのも、原油市場に投機的にお金を入れている投資家の皆さんが、得られた利潤で環境にやさしい代替エネルギー開発にお金をまわしてくれているのだろうか?という疑問があるから。

しかし、投資家の皆様は先を見る目がある、つまり、結果的にしても意図的にしても先行開発的な資本投入が増える事になるだろう....ということは、先の「良し」というのは考えを変えなくてすむ。

さらに、次の疑問もある。というのは、今の原油高騰によるオイルマネーは産油国をも潤している。この産油国の人たちが、これまた環境負荷低減につながる投資をしてくれるだろうか?。残念ながら産油国の国々の事情を語れるだけの知識がないので、これは期待するとします。

トラックバック

このページのトラックバックURL
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a67f01e4970b0120a67f03a2970b
ページトップへ