ITS 11 ブログ

カーボンオフセットガソリン??

長沼要

最近よく耳にする、CO2排出権ってなんだろう?

「CO2を出すために必要なお金」ということになります。細かいことは、京都議定書を十分理解する必要があると思うのですが、、ここではCO2を排出するのに、どれくらいお金がかかるのかをイメージしてみる。この排出権取引は、株などと同じく主要な市場があり、EUでは2005年から取引が開始されていて、現在、相当額が取引されている。

おおよその価格は3000円強/t。上昇し続けているので、あくまで参考。

さて、このCO2排出権、最近では商社等が購入し、小売りされています。つまり、我々個人にも買える仕組みが出来つつあるということ。ちなみに、こちらも参考として5000円/tくらいの相場のようです。

個人レベルになると、”t” という単位は馴染みがないので、"kg"換算してみると、5000 円/t = 5 円/kgとなる。さて、ではこの1kgとはどれくらいかをかんがえると、以前のブログにあるように、馴染みのあるガソリンを使う場合で考えると、約2.36 kg/L,  ディーゼルで約2.64 kg/Lなのです。

つまり、ガソリンを1L使うということは、CO2を約2.4kg出すという事、つまり、約12円必要になるということ。

これまた、最近よく耳にするカーボンオフセットを排出権で行うという概念がこれなのです。まだ見た事ないのですが、カーボンオフセットガソリンを今設定すると、通常のレギュラーガソリンが160円/L だとすると、カーボンオフセットレギュラーガソリンは172円/Lになるということ。ちょうど、ハイオクとの差と同じくらいになるのが面白いですね。

さて、みなさん、仮にガソリンスタンドに行って、ちょっと高い、カーボンオフセットガソリンが売っていたら買いますか?
マイ箸やマイバッグを持つ感覚に近いと思うので、共感してもらえる人もいると思うのですが。(もっとも消費行為はかわらないので、全然違う!という指摘もあるかもしれませんが。。。)

これくらいなら、私は欲しいです。但し、悲しいかな、それを使っている事がわかるような何かも欲しいですけどね。いつも、というわけでなく、趣味に使う場合は、こちらを入れるなんて、使い方もありかも。

グリーン電力などがわりと一般的になってきた今、カーボンオフセットガソリン、カーボンオフセットディーゼルの導入を検討して頂けないでしょうか石油公団どの。環境省が環境税の導入を決める前に、先行して導入してはいかがでしょうか?

坂本龍一さんなどは、飛行機を利用するたびに、自分が出したCO2分の排出権を購入しているそうです。

原油価格

長沼要

ガソリン価格がまたもどりました。なぜかこの機に原油価格上昇分もあわせた値上がりが多く、以前より高くなっています。

ふと、この原油価格について思う事を書いてみます。

原油価格高騰を私は「良し」としています。

なぜなら、市場原理が働いて、消費が減少する。さらに、価格高騰によって潤うお金が、代替エネルギー開発に廻る、から…。

とかいてみて、本当か?と不安になる。というのも、原油市場に投機的にお金を入れている投資家の皆さんが、得られた利潤で環境にやさしい代替エネルギー開発にお金をまわしてくれているのだろうか?という疑問があるから。

しかし、投資家の皆様は先を見る目がある、つまり、結果的にしても意図的にしても先行開発的な資本投入が増える事になるだろう....ということは、先の「良し」というのは考えを変えなくてすむ。

さらに、次の疑問もある。というのは、今の原油高騰によるオイルマネーは産油国をも潤している。この産油国の人たちが、これまた環境負荷低減につながる投資をしてくれるだろうか?。残念ながら産油国の国々の事情を語れるだけの知識がないので、これは期待するとします。

ページトップへ